板橋区,税理士,会計事務所のイメージです。

板橋区の税理士 | 佐藤税務会計事務所 > 相続税

お墓は生前に買ったほうが良い

お墓や仏壇は生前に購入することによって相続税を節税する効果があります。相続税では、【墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物】については、相続税がかからない財産とされています。(ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として所有しているものは相続税がかかります。)...

>>お墓は生前に買ったほうが良い

2013年9月19日(木)10:21コメント (0) | トラックバック (0)

死亡退職金と弔慰金の違い

被相続人の葬儀で遺族が受ける弔慰金や花輪代などに、通常相続税は課税されません。しかし、被相続人の勤務先から弔慰金などの名目で受け取った金銭のうち、実質上退職手当金等とみなされる金銭は相続税の対象となるので注意が必要です。相続税の対象となる退職手当金等には、被相続人に支給されるべきであった退職手当金や...

>>死亡退職金と弔慰金の違い

2012年7月24日(火)11:48コメント (0) | トラックバック (0)

災害減免法による相続税の減免措置

相続により取得した財産が地震等の大震災により甚大な被害を受けたときは、現法上、災害減免法による相続税の減免措置があります。手続きとしては、その被害が相続税の申告期限前と申告期限後によって異なります。なお、適用にあたっては、被害割合について一定の要件があり、当該要件は申告期限前でも期限後でも同じです。...

>>災害減免法による相続税の減免措置

2011年4月 7日(木)13:09コメント (0) | トラックバック (0)