板橋区,税理士,会計事務所のイメージです。

板橋区の税理士 | 佐藤税務会計事務所 > 他諸税 > 給与等の支給について(回答)という書類が届いた

給与等の支給について(回答)という書類が届いた

2015年6月 4日(木)14:32

Q.区役所から従業員の給料の支給状況の回答を求める書類が届きました。これが届いた理由はなんですか?また、回答しなければなりませんか?

A.従業員の方に税金の滞納(主として住民税)があるため、役所は給料の差し押さえを行いたいと考えて送ってきた書類です。

住民税を普通徴収によって各個人で納付する方法を選択している場合にありがちです。

この書類は国税徴収法141条による質問検査権の行使により送付されてきたものになりますので、回答を行わなかった場合、又は虚偽の回答を行った場合には、同法188条により1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになります。

従って、回答を行う必要があります。

また、税金の滞納を行っている従業員の方は、往々にして私生活に問題があるケース(ギャンブル等の浪費癖など)が多分にありますので、会社の金銭の横領、着服などを行っていないか十分に気をつける必要があります。

板橋区の税理士 佐藤税務会計事務所

免責事項

免責事項

関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://www.satotax.com/mt/mt-tb.cgi/286

コメントを投稿

(いままで、このホームページでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


(スタイル用のHTMLタグが使えます)